【ウコンの力】ほんとの効果・効能は?飲むタイミングで効き目が違う

ウコンの力効果効能飲むタイミング ドリンク剤

二日酔い対策商品で業界シェアNo.1の「ウコンの力

カレー屋さんのハウス食品が、カレーの原料ウコンに二日酔いに効く効能があったため商品化したらバカ売れした商品です。

No.1商品ということは、実際の効き目も一番なのでしょうか?

気になる、「ウコンの力」効果効能を調査してみました。

「ウコンの力」効果・効能

ウコンには、次の3つの効果があります。

 

  1. アルコール血中濃度を下げる!
  2. 肝機能を向上させる!
  3. 頭痛原因物質の発生を抑える!

 

それぞれどういう仕組で、効果が得られるのか?その仕組を解明しましょう。

ウコンで血中アルコール濃度が下がる?

出典:ウコン飲料の健常者における二日酔い改善作用

ウコンに含まれる「クルクミン」と呼ばれる成分には、血中アルコール濃度を下げる働きがあると言われています。

ハウス食品の研究で、ウコンに含まれるもう1つの成分「ビサクロン」にも、血中アルコール濃度を下げる高い効果があることが解明されました。

しかも、「クルクミン」と「ビサクロン」を同時に摂取することで、血中アルコール濃度が更に増すことが分かりました。

  • 血中アルコール濃度が低下
  • 翌朝の自覚症状でも全体的に良い結果

しかし、圧倒的に違うか?というとそこまでではなさそうです。

ウコンの力を飲む人の声で「なんとなく効いてるような気がする」という声が多いのですが、上図の結果と合致するところがあるように主ます。

 

「少し効いている」が、ウコンの力で得られるリアルな効果といえるでしょう。

ウコンで肝機能を向上?

ウコンに含まれる「クルクミン」の2つの効果で、肝臓機能が強化され、アルコール代謝が促進されると言われています

  1. 肝臓細胞の損傷を防止
  2. 肝臓の酸化防止

詳しくはこうです。

肝臓細胞の損傷を防止

肝臓は、アルコール分解の過程で損傷するため、酒量が多くなるにつれ、アルコール代謝機能が落ちることが分かっています。

ウコンに含まれる「クルクミン」には、肝臓の損傷を抑える効果があり、肝機能を維持する効果があると言われています。

肝機能が維持されると、二日酔い原因とされるアセトアルデヒドの代謝が促進されるため、二日酔い症状が緩和されると言われています。

アセトアルデヒド
アセトアルデヒドとは?アルコールの主成分であるエタノール(※)は、体に入ると肝臓で3つの分解工程を経て、最終的に水・二酸化炭素になって排出されます。アセトアルデヒドは、この分解工程の中で生成される物質で、毒性があります。二日酔い症状の主...

肝臓の酸化を防止

アルコールは肝臓で分解されますが、この過程で過酸化酸素が発生します。

過酸化酸素が増えると、肝臓の細胞が酸化し、肝機能が低下します。

肝機能が低下すると、アルコールやアセトアルデヒドの分解力が低下するため、肝臓の酸化防止が、二日酔い対策には効果的とされています。

 

肝臓をいかにいたわるかが、二日酔い対策のカギになります。
ウコンは危険?肝臓疾患の方は、要注意!

ウコンで頭痛原因物質の発生を抑制?

ウコンの力には、二日酔いによる頭痛の原因物質として知られる「サイトカイン」と呼ばれる物質の分泌をおさせる効果が確認されています。

ウコン研究所 | ビサクロン含有ウコンエキスの「抗炎症作用」 | ハウスウェルネスフーズ
ビサクロンの抗炎症作用について、炎症を誘導することが知られている「TNF-α」と「IL-6」を指標にして、動物試験による検証を行いました。

これらの効果についてはウコン研究所というサイトで臨床実験結果が掲載されていますので興味がある方は覗いてみてください。

ウコン研究所 | ビサクロンが持つ作用 | ハウスウェルネスフーズ
ビサクロンは、ウコンの新たな機能性成分として発見された、いま注目の成分です。アルコールの摂取による活性酸素や炎症の増加を抑制することで、肝臓の細胞の傷害を抑制します。

ウコンは、いつ飲むのが効果的?

ウコンを飲むベストタイミングは、食中or食後とされています。

その理由は、ウコンが脂溶性だからです。

油分のあるものと同時に摂取しないと、効果が得られにくいので覚えておきましょう。

ウコンには、肝機能を回復させる効果もあるので、二日酔い当日にも効果が期待できます。

ただし、ウコンだけで飲むと上述のように効果が得られないので、食事と一緒に摂るようにしましょう。

ちなみに、以前、下記のようなアンケートキャンペーンが実施されていました。

メーカー的にはいつのんでもOKが回答のようです。

CMで飲む前に飲むが刷り込まれているので、圧倒的に食事前派が多いかと思いきや食事後派も結構いらっしゃるんですね。

ちなみに、私が見た口コミの中には計5本飲むというような方もいました。(飲む前1本、飲んだ後2本、翌朝1本、昼1本)

実際にウコンを当日に使って効果を得ている人達の口コミを載せておきます。

よく女子会・飲み会のお誘いがあるので、その時は必ずL-システインと共に飲んでいます^^

過度にお酒を飲んでしまうと危険です!が、適度にお酒を楽しむ分には当日の酔い加減・翌日のだるさに効果が出ていると思います♪

内容を入力してください。

 

 

<blockquote class=”twitter-tweet” data-lang=”ja”><p lang=”ja” dir=”ltr”>個人的には飲酒前にペパリーゼ、飲酒後にウコンの力と野菜生活。これで乗り切れます。</p>&mdash; キタムラケンジ (@kitamura_kenji) <a href=”https://twitter.com/kitamura_kenji/status/909262030728654849?ref_src=twsrc%5Etfw”>2017年9月17日</a></blockquote>
<script async src=”https://platform.twitter.com/widgets.js” charset=”utf-8″></script>

ウコンの力は、複数本飲むと効果倍増?

本数を増やすと効果がアップするのか?

世論調査をしてみたところ、

使用者の中には複数本飲んでいる人が一定数いるようです。

 

 

私の使い方は、

飲む前に1回
飲んで帰って1回
翌朝、まだ残ってたら1回

これで、遅くともお昼過ぎには深酒してても回復します。

 

実際の効果は個人差があると思うので、試しに一度2本、3本飲んで、自分で検証してみるのが一番近道かもしれません。

ウコンの力、ドリンクと顆粒どちらがよい?

顆粒タイプは、なんといってもカバンなどに常備できるのが最大のメリットでしょう。

ドリンクタイプは、消化が早いので即効性を求めるのであればドリンクの方がおすすめです。

「ウコンの力」種類と違いは?

コンビニの陳列棚をみるとウコンの力にもいろいろ種類があることに気づきますよね。

それぞれどういった違いがあるのか?

簡単にまとめてみました。

「ウコンの力」には2つのシリーズがある

ウコンの力には、

  • ウコンの力
  • ウコンの力 レバープラス
[/su_list]

という2系統のシリーズあります。

商品毎に成分にはどれくらいの違いがあるんでしょうか?

比較表で見てみましょう。

ウコンの力

商品名 クルクミン ビサクロン
ウコンの力 ウコンエキスドリンク 30mg 400mg
ウコンの力 カシスオレンジ味 30mg 400mg
ウコンの力 スーパー 40mg 480mg
ウコンの力 パイン&ピーチ味 30mg 400mg
ウコンの力 顆粒 30mg 400mg
ウコンの力 顆粒 スーパー 40mg 480mg

大きな差はないものの、クルクミンとビサクロンの量がMAXなのは、

  1. ウコンの力 スーパー
  2. ウコンの力 顆粒 スーパー

のようです。

ウコンの力 レバープラス

商品名 クルクミン ビサクロン ウコンエキス 肝臓エキス
ウコンの力 レバープラス 40mg 400mg 500mg 250mg
ウコンの力 レバープラス プラチナ 40mg 400mg 500mg 300mg
ウコンの力 レバープラス 顆粒 40mg 400mg 300mg 150mg

ウコンの力 レバープラスに関しては、クルクミンとビサクロン以外に、ウコンエキスと肝臓エキスが配合されているのが最大の特徴。

クルクミンとビサクロンの量は、「ウコンの力」「ウコンの力 レバープラス」でさほど変わりません。

ちなみに、

肝臓エキスというのは、ヘパリーゼの主要成分である肝臓水解物のことですね。ヘパリーゼを強く意識した商品であることが伺えます。

>>肝臓エキスと肝臓水解物についてはこちら

価格の違い

お値段の違いはどうでしょうか?
こちらも比較表で見てみましょう。

商品 価格(税込)
ウコンの力 ウコンエキスドリンク 206円
ウコンの力 カシスオレンジ味 206円
ウコンの力 スーパー 309円
ウコンの力 パイン&ピーチ味 206円
ウコンの力 顆粒 302円
ウコンの力 顆粒 スーパー
ウコンの力 レバープラス 350円
ウコンの力 レバープラス プラチナ 600円
ウコンの力 レバープラス 顆粒
ウコンの力 レバープラス 粒タイプ 173円

レバープラスプラチナになると、価格が1つ飛び抜けていますね。

それだけ効果が高いのか?

利用者の口コミは、以下のような感じでした。

今まで飲んだウコンのなかで一番と思います。
もう少し安かったら…

ヘパリーゼ、ウコンの力、ノ・ミカタなどいろいろ試しました。食品で安心感があり、効くような感もあることからこれを使っています。

価格が高く、コスパに難がある商品ですが、Amazonなど通販がお買い得なようです。

コンビニ商品には大差がない。
ウコンの力 レバープラスは肝臓エキス・ウコンエキス配合でお値段高め。

ウコンの力の口コミ

実際の評判はどうなんでしょうか?

Amazonのレビューを見ると、具体的な評価も見られて参考になります。

ご覧の通り、結構高めの星の数が付いています。

詳しくは、商品毎の口コミをチェックしてみてください。

Amazonの口コミ

>>ウコンの力 顆粒のAmazon口コミを見る

>>ウコンの力ウコンエキスドリンクのAmazon口コミを見る

>>ウコンの力レバープラス粒タイプのAmazon口コミを見る

@コスメの口コミ

@cosmeにも口コミがあるのでご紹介。

>>ウコンの力の口コミ(@cosme)を見る

全体的な口コミ特徴をまとめると次のような感じです。

  • 効かん!という人、効く!という人どちらも非常に多い
  • なんとなく効いてるような気がする…人も多い
  • 効果は実感できてないけど気休めで飲んでいる…人も多い
  • 飲みやすい、美味しいという声も多い

効く人、効かない人の違いは何なんでしょうか?

体質なのか?飲み方なのか?

相性があえば安くて、入手しやすくて頼りになるアイテムになると思うので、2〜3本飲んでみるなどいろいろ使い方を試してみてはいかがでしょうか?

いろんな人の口コミも参考にしてみてください。

デメリット

ウコンには2点だけ注意点があるので記載しておきます。

ウコンアレルギー

ウコンにアレルギー反応が現れてしまう人がいるようです。
主なアレルギー症状は次のものです。

  1. 過度な倦怠感
  2. 発熱
  3. かゆみ

ウコン摂取後にこれらの症状が見られたり体調がおかしくなるようであれば使用を停止するようご注意ください。

肝機能障害

なんと、ウコン摂取が原因と疑われる肝機能障害の症例が報告されています。

ウコンには鉄分も多く含まれていますが、肝臓が弱っている人が飲むとその鉄分が肝臓に溜まりやすくなってしまい肝炎の原因になってしまうようです。

肝臓疾患をお持ちの方はご注意ください。

ウコンについて | 「健康食品」・サプリメントについて | 国民のみなさまへ | 日本医師会
あなたは、「健康食品」やサプリメントを摂りすぎてはいませんか?1日3食、バランスのよい食事が大切です。

ウコンの力 ウェディング

こちらは番外編になりますが、結婚式のおもてなしアイテムとして「ウコンの力」が使われることがあるそうで、面白かったので紹介します。

ドリンクタイプはデコレーションで使えますが、顆粒タイプも配ると出席者に喜ばれるそうですよ。
なるほどこういう使い方もあるんですね〜💡

まとめ

ウコンの力、いろいろあるけど、どれ買えば?

というのが「ウコンの力」あるあるだと思いますが

コンビニ商品は成分に大差がないのでどれでもいい

ということが分かりました。

個人的にはビサクロンのアルコールによる炎症を抑制効果が気になります。

二日酔い頭痛の原因である炎症性サイトカインを予防する対策アイテムって頭痛薬以外に聞いたことがないので期待が膨らみました。

何本くらい飲めば頭痛軽減できるか?こんど実験してみようと思います。

効く!効かない!論争が激しいウコンの力ですが、飲むタイミング、飲む本数など工夫すればそのポテンシャルを引き出せるのかもしれません。