二日酔いの仕組み

仕組み

人がお酒を飲むと、なぜ二日酔いになってしまうのでしょうか?

人体とお酒の関係を図解でわかりやすく説明してみます。

①お酒の吸収

まず最初に、お酒を飲んだ直後のお話です。

お酒は、ザックリいうとアルコールと水分でできています。

お酒を飲むと、アルコールと水分は胃・腸で吸収され、血管に運ばれます。

 

②肝臓でのアルコール代謝

次に、アルコールと水分は血管を通って肝臓に運ばれます。

肝臓はアルコールを分解する、体内のアルコール処理場です。

肝臓には、アルコールを分解するための2つの酵素「アルコール脱水酵素」「アルデヒド脱水酵素」が2つ存在します。

アルコール脱水酵素は、アルコールを分解してアセトアルデヒドという有毒物質を生成します。

こいつが二日酔いの症状の最たる原因と言われる犯人です。

アセトアルデヒドは、二日酔いの主な原因。

③アセトアルデヒドの毒性が身体に異変をもたらす

アセトアルデヒドは猛毒指定されているこわーい物質です。

体内にあると様々な体調不良の原因となります。

頭痛、胃痛、肩のコリ、倦怠感(だるさ)などの二日酔い症状は、アセトアルデヒドが身体の細胞にダメージを与えるときに出る痛みと言われています。

二日酔い症状を解消するには、このアセトアルデヒドを解毒する必要があります。

ここでまた、我らの肝臓が大活躍してくれます

④第2の酵素がアセトアルデヒドを無毒化する

さきほど、肝臓には「アセトアルデヒド脱水酵素」なるものがあると紹介しましたが、この酵素がアセトアルデヒドを無毒化してくれます。

アルデヒド脱水酵素は、アセトアルデヒドを分解して「酢酸」と呼ばれる物質を生成します。

酢酸は人体にとって無毒です。生成された酢酸は血管を通って腎臓で代謝され尿として体外に排出されます。

アルコールには脳を麻痺させる作用がある

お酒を飲むと、最初は楽しくなったり、人によってはクラクラしてきて千鳥足になったりします。

これはアルコールが脳を麻痺させて、楽しい脳内物質を放出させたり、平衡感覚をつかさどる脳の一部分を麻痺させる力があるためです。


出典:アルコール健康医学会

二日酔いが二日目にくる理由

二日酔いの症状はたいてい二日目の朝から出てきます。

これは、アセトアルデヒドによる害が表面化するまでにはタイムラグが存在するためです。

肝臓は「アルコール⇢アセトアルデヒド」の順で代謝を行うため、飲んでる最中はまだアルコールを分解しているところで、アセトアルデヒドの量も徐々に増えていくからです。

例外はお酒の弱い人。

お酒の弱い人は、飲むとすぐ赤くなったり、吐きそうになったりしますよね。

この2つの症状はアセトアルデヒドがもたらす症状なのですが、お酒に弱い人の肝臓はアセトアルデヒドの分解力がとても弱いため、少量のお酒、少量のアセトアルデヒドでも中毒反応が出てしまうのが原因とされています。

二日酔い対策の基本はアセトアルデヒド対策

二日酔いの原因はアセトアルデヒドだけではありませんが、主原因であるためアセトアルデヒドの無毒化がゴールと言っても過言ではないでしょう。

体内でアルコールとアセトアルデヒドを分解できるのは肝臓だけです。

そのため、いかに肝臓の分解力を高めるかが、二日酔い対策の鍵となります。

市販のサプリやドリンク剤の多くは肝臓の分解力を高める効果を謳っています。

アセトアルデヒド対策にはどのサプリ、ドリンク剤がいいのか?は下記のページをご覧ください。

>>二日酔い対策のサプリ
>>二日酔い対策のドリンク剤