スポンサーリンク
サプリ

ノ・ミカタ

味の素から発売されている二日酔い対策のアミノ酸含有食品(※ドリンク剤タイプは販売終了)。二日酔いの主要因と言われるアセトアルデヒドの分解成分を含むのが特徴で効果が高いと評判です。同じ二日酔い対策ドリンク剤であるウコンの力やヘパリーゼと比べると知名度は劣りますが、効果は勝るとも劣らないと言って過言ではないでしょう。
症状

倦怠感(だるさ)

二日酔いの日の全身の倦怠感(だるさ)もよくある症状のTOP5にランクインしており、一般的な症状の1つです。考えられる原因は様々で吐き気同様に、原因と特定が難しいです。二日酔に関係なく、体の倦怠感(だるさ)や疲れという症状は活性酸素による細胞のダメージが原因になると言われています。 クエン酸は細胞のエネルギー代謝を活性化するため、疲れがたまった状態(細胞のダメージ)の回復を早めてくれます。
症状

胃もたれ

胃の不調の原因は「胃酸過多」「消化不良」のどちらかに分けられるますが、胃もたれの直接原因は「消化不良」の方になります。ただ、「胃酸過多」から誘発される「消化不良」もあるので、症状や対処のすみわけが難しい場合があります。理由を詳しく話していきましょう。
症状

頭痛

二日酔い症状で1番多いのが頭痛。ひとくちに頭痛といっても対処すべき原因は7つもあります。7つもあると犯人探しが大変なのですが、まずは飲んだお酒の種類から容疑者を絞り込む必要があります。「ワインを飲むと二日酔いする...」とか「日本酒は苦手...」とか「焼酎飲むと悪酔いする...」など、人によってお酒の相性があったりしますが、上記の表をみると原因がなんとなく見えてきます。
症状

吐き気

二日酔い症状で頭痛に次いで2番目に多いのが「吐き気」。吐き気が起こるのはなぜでしょう?ひとくちに吐き気といっても対処すべき原因は3つもあります。1.アセトアルデヒド、2.ギ酸、3.胃酸過多。
原因

肝機能低下

アルコール分解で肝臓が疲弊すると、肝臓周囲で血管が収縮し、肝機能低下が起こります。肝機能が低下すると、体に必要な栄養素が十分に共有されなくなり、吐き気、だるさ、肩こり/筋肉痛などの症状が表れます。忘年会シーズンなど、連日お酒を飲む機会が多い時期には特に気をつけてください。
原因

血行不良

二日酔いの症状で頭痛以外に、肩や背中がこってだるさが抜けないような感じになったことはないでしょうか?これらは、飲酒による血行不良が原因と考えられる症状です。血行不良になると、必要な栄養分や酸素の供給不足になるほか、老廃物や疲労物質の排出がうまくできなくなり、倦怠感やだるさといった疲労の原因になります。
原因

低血糖症

アルコール摂取により低血糖症になると、頭痛、だるさ、筋肉痛などの症状が現れます。特に、あまり食べ物を食べないで長時間アルコールだけ飲み続けたり、深酒してしまった場合に低血糖症になってしまう可能性が高まります。糖尿病患者の方で、インスリン療法を受けていらっしゃる方がお酒を飲まれる際には注意が必要です。
原因

アデノシン

ズキンズキンと血管が脈打つような頭痛がある場合、このアデノシンが原因となっている可能性が高いです。アデノシンには血管拡張作用があり、摂取しすぎると血管がひろがりすぎて血管の周りにある三叉(さんさ)神経という神経が刺激を受けることによって、頭痛が起きます。対処方法でおすすめなのは下記2つです。
原因

サイトカイン

お酒を飲むと脳周辺で「炎症性サイトカイン」という物質が生成され、頭痛やだるさの原因になります。「炎症性サイトカイン」という名前の通り炎症を起こさせる物質で、ケガをした時の炎症、風邪をひいたときの発熱などもぜんぶサイトカインが関与しています。
スポンサーリンク