スポンサーリンク
有効成分

L-システイン

Lシステインが「二日酔いに効く」という口コミがネット上には存在しています。Lシステインといえば、シミ・ソバカスに効く美容成分として有名ですが、二日酔いに効果があるというのは本当なのでしょうか?Lシステインの二日酔い対策効果と口コミの真相を調査してみました。
有効成分

アラニン

アラニンは、貝類などの食品に多く含まれるアミノ酸。肝臓の代謝をアップさせ、二日酔いに効くサプリなども人気です。アラニンを多く含む食品・サプリを摂取して肝臓代謝をアップ、二日酔い対策を万全にしょましょう。
対策

二日酔い対策(今)

ひどい二日酔いを経験すると「もう二度とこんな苦しい思いをしたくない!」という方は、ぜひ以下の対策法をお試しください。 二日酔い対策を大きく次の3パートに分けて考えていきます。①対策の心構え②飲酒前、中、後など段階別の対処法③対策の実践方法
対策

二日酔い対策(当日)

予防策は講じたものの二日酔いの症状が出てしまった場合、症状に合った対処をしましょう。症状ごとの対処が下記ページにまとめられていますので参考にしてください。頭痛や吐き気で文章読み続けられない…という人は下記だけでも実践してください。辛くても一旦起きて、水分補給(脱水症状を緩和)朝食食べる(低血糖・栄養不足症状を緩和)総合胃腸薬の摂取(胃の働きをよくし、胃酸をおさえる)
対策

二日酔い対策(飲酒後)

飲酒後にやらないといけないこと第1位は水分補給です。マストアイテムはスポーツドリンク500ml。 寝る前に必ず1本は飲むようにしてください。飲んだお酒の量が多かった場合は、寝る前に飲む1本、就寝中に飲む1本、寝起きに飲む1本、計3本買っておきましょう。
対策

二日酔い対策(飲酒中)

飲み会中にやるべき対策をチェックリストにまとめました。 飲み会がはじまるとチェックリストをいちいち確認する余裕などなくなるはずなので、飲み始めに一度チェックして肝に銘じましょう。サラダなどオイルを含むものを食べる(アルコール吸収を遅らせる)空腹で飲み始めない(アルコール吸収を遅らせる)
対策

二日酔い対策(飲酒前)

いよいよ飲み会当日。これまでに二日酔い対策の知識をつけて準備をしてこられた方も、ここでもう一度確認を行って意識を高めましょう。二日酔いを繰り返さない方法を確立できるかは、ここからの実践力にかかってきます。
サプリ

よいとき

「よいとき」はキューピーから発売されている二日酔い対策サプリ。コンビニや薬局等の販売店でも売られています。酢の効果で二日酔いを予防とのことですが、一体どういうことなのでしょうか?。キューピー「よいとき」の効果を徹底分析してみました。
ドリンク剤

ルビーマシュルーム

とりあえずルービー♪というおぎやはぎ出演TVCMで話題の新商品。コンビニなどでも販売されてるようですが、みなさんはもう現物を見られたでしょうか?主成分の「ルビーマッシュルーム」、聞いたことのないものですが、ほんとに二日酔いに効果がある?、期待できるものなのか?を考察してみます。

ハイチオールC

シミ飲んで直そうハイチオールC♪ のCMでおなじみ。シミ・ソバカス対策に効果のあるお薬です。美容のほか二日酔いにも効果があり「ハイチオールCを飲んでおくとたくさんお酒を飲んでも悪酔いしない、残らない」という効果実感の声がよく聞かれます。ハイチオールCが二日酔いに効くのは、主要成分のLシステインにアセトアルデヒド分解を促進する効果があるためです。その効果は、他のアセトアルデヒド対策成分と比べても一二を争うほどと言われます。
スポンサーリンク