胃酸過多

原因

胃酸過多


お酒を飲むと胃が強く刺激されて胃酸が過剰分泌し、胃粘膜が荒れる原因となります。症状としては、吐き気、胃のむかつき、下痢などのが挙げられます。

胃薬を飲む前に

迷い
一方で、忘年会シーズンなど暴飲暴食の繰り返しにより、胃が疲弊することにより胃もたれの症状が出ることもありますが、こちらは胃の機能低下による胃酸減少が原因となることがあります。
患部が一緒なのと症状が似ているので、胃酸過多と胃酸減少どちらに原因するものなのか判別しずらいという難しさがありますが、薬選びを間違うと症状が悪化することになるので、事前にしっかり見極める必要があります。

胃酸多い?少ない?の見分け方

空腹時の胃もたれは胃酸過多、食後の胃もたれは胃酸減少という見方が一般的です。

市販薬には3タイプある

市販されているものには次の3タイプがあります。

  • 胃酸分泌を抑制するもの
  • 胃酸分泌を促進するもの
  • 総合胃腸薬

用法を間違うと症状がひどくなる場合があるので、服用するのであれば「総合胃腸薬」をおすすめします。総合胃腸薬には、胃酸中和と消化吸収のどちらも補助する成分がバランスよく配合されており、諸症状を緩和してくれます。

対処方法

アルコールによる刺激を軽減するのが一番なので、

  1. 空きっ腹で飲まない
  2. 食べながら飲む
  3. 強いお酒は薄めて飲む

が基本になりますが、ふだんの飲み方でも自分の体調が悪いと、お酒が引き金になって胃もたれの症状が出てしまうことがありますのでコンディション管理には注意をしましょう。
また、胃の粘膜量は年齢とともに減少するため、いろいろな刺激を受けやすくなります。回復力も低下するので一度、胃もたれになるとなかなか治らないケースに発展することも増えてきます。忘年会シーズンなどの暴飲暴食には特に注意しましょう。
 

原因
スポンサーリンク
tuckをフォローする
STOP!二日酔い