二日酔い対策(今)

対策

このページでは、「今からはじめる二日酔い対策」についてお話します。

どちらかというと、予防についての話になりますので、

今まさに二日酔い真っ最中!

という方は以下の症状別の対処方法ページへ急行して応急措置をおとりください。

二日酔いの対処方法(症状別)

 

二日酔い対策のはじめかた

ひどい二日酔いを経験すると「もう二度とこんな苦しい思いをしたくない!もう深酒しない!」と心の底から思うものです。

でも、時間が経つと忘れてしまい、また同じ過ちを繰り返す・・・

もはやこれは、酒飲みのサガないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。というのが、私の見解。

一番の対策は、二日酔い対策に対する知識をしっかりつけること。

そうすることで、日頃から対策意識が高まり、大失敗の確率が大きく下がります。

事実、私がこの方法で、二日酔いで失敗することが無くなりました。

以下、二日酔い対策のカリキュラムを用意しましたので、ぜひ試してみてください。

二日酔い対策カリキュラム

当サイトでは、二日酔い対策を大きく次の3パートに分けて考えていきます。

  1. 対策の心構え
  2. 飲酒前、中、後など段階別の対処法
  3. 対策の実践方法

二日酔い対策のマインドセット(心構え)

まず最初に、マインドセット(心構え)についてです。

二日酔い対策は準備が肝心です。それにもかかわらず何度も二日酔いを繰り返してしまうのは何故でしょうか?

それは二日酔いの経験から得る教訓が「もうあんなに飲まない!」に留まっているからです。

二日酔いの記憶は、しばらくすると薄れていきます。

また、お酒には人を酔わせる力(脳の機能を麻痺させる)があるため、「飲み過ぎないようにしよう」という注意力や「この辺で止めておこう」という判断力を鈍らせます。

「もうあんなに飲まない!」はモロくも崩れることを前提にして、じゃあどうしたら二日酔いの繰り返しを止めることができるか?を考える必要があります。

二日酔い対策は、まだ苦しい記憶が残っている二日酔い明け、つまり「どうにかしたい」という対策意識が高まっている時から始めるのがベストです。

このタイミングを逃すと、1ヶ月後にはすっかり忘れて、また二日酔いを繰り返すことになるでしょう。

二日酔いに至る道のり5ステップ

当サイトの二日酔い対策では、二日酔いに至るまでの道のりを次の5つのステップで考えます。

  1. 今(あなたは今ここにたどり着いています!)
  2. 飲酒前
  3. 飲酒中
  4. 飲酒後
  5. 二日酔い当日

それぞれのステップでやるべきことが異なります。

各ステップでチェックすべき事項をまとめましたので、できれば情報として消化せず知識として身につけてください。

また、知識化できても実践でなければ効果は得られません

実践すべき対策の手順もまとめましたので、1つずつ実践してください。

まずは、5ステップごとの対策をどれだけ実践できるかが大事!ということを理解してください。

① 二日酔い対策(今)

二日酔い対策の基礎知識を身につけましょう!

ひどい目にあって、後悔している今がチャンスです。

これだけはおさえたい!二日酔い対策の鉄板知識

それからできれば、今後の飲み会に備えて、よく効く二日酔い対策アイテムを入手しておきましょう!

おすすめの二日酔い対策アイテムTOP5

二日酔い対策(飲酒前)

飲み会当日。「飲む前に飲む」の準備は万全ですか?

「飲んだ後に飲む」の準備は忘れていませんか?

二日酔い対策食品、頭痛薬、胃薬、いずれも飲み会がはじまってしまうと翌朝までに買いに行く余裕はないと思って、事前に仕入れておくことで、後々の憂いがなくなります。

詳しくは、二日酔い対策(飲酒前)をご覧ください。

1.二日酔い対策の基礎知識をつける

お酒を飲むと体の中でいろんな変化が起こります。
この変化がいろいろ派生して、頭痛、胃もたれ、吐き気、全身倦怠感(だるさ)などの症状を引き起こします。
各症状と原因の因果関係を知ることが二日酔い対策の第一歩になりますので、
二日酔い対策のはじめかたのページを参考に対策をはじめてみてください。

二日酔い対策(飲酒中)

さあ、いよいよ飲み会本番です。

飲み始めにすること、飲みながらすること、ダメージを最小限に抑えるにはここのコントロールが大事になります。

詳しくは、二日酔い対策(飲酒中)をご覧ください。

二日酔い対策(飲酒後)

いつもより強いお酒を飲んだ!

長時間の飲み会で深酒した!

という人は、寝る前にしっかり対策しないと次の日悲惨な目にあいます。

寝る前対策をするかしないかで、かなり症状を改善できるので、絶対に実践しましょう。

詳しくは、二日酔い対策(飲酒後)をご確認ください。

二日酔い対策(当日)

対策はしたけど、それ以上に飲んでしまった・・・

というような場合には、やっぱり二日酔いになってしまいます。

二日酔い当日も、症状の緩和を早める対策がありますので、チェックして実践しましょう。

詳しくは、症状別の対処法ページや二日酔い対策(当日)または、二日酔いの原因ページをご覧ください。

二日酔い対策ガイドライン

二日酔い対策に必要な基礎知識をひととおり確認してもらったかと思いますが、

みなさんがをワンランク上の二日酔い対策を実践するところまで辿り着けるようにガイドラインを作りました。

このガイドラインに沿って対策を実践してみてください。

ガイドライン

注意事項 チェック
二日酔い対策の基礎知識習得
二日酔い対策アイテムの事前入手
飲む前に飲むの実践
飲む前に食べるの実践
飲みながら食べるの実践
水分補給ルールの設定(酒量or時間にあわせて等)
酒量のペース配分
〆ラーメンの実践
寝る前のスポーツドリンク実践
寝る前にノ・ミカタ飲むの実践
朝食を食べるの実践
朝起きてノ・ミカタ飲むの実践

まとめ

二日酔いには個人差があるので、自分に適した予防法・対処法を研究することが大事です。

どこまで対策を実践して、どの程度の効果が得られたか?

を自分で検証してみてください。

半分実践しただけだけど、なんとなくいつもよりましな気がする

というような成功体験が得られればしめたものです。

その成功体験の積み重ねることで、二日酔いに苦しまないお酒ライフを手に入れてください!

対策
スポンサーリンク
tuckをフォローする
STOP!二日酔い