二日酔い対策(飲酒前)

対策

いざ飲み会!


いよいよ飲み会当日。
これまでに二日酔い対策の知識をつけて準備をしてこられた方も、ここでもう一度確認を行って意識を高めましょう。
二日酔いを繰り返さない方法を確立できるかは、ここからの実践力にかかってきます。

当日にやるべき対策の確認

当日やるべき二日酔い対策は、大きく分けると3つ。

  1. 対策アイテムを事前に入手
  2. 飲む前に飲むの実践
  3. 対策メンタルを持つ

以下、それぞれ実践するためのワンポイントアドバイスになります。

「飲む前に飲む」の準備は万全?

二日酔い対策ドリンク剤やサプリを飲み会前に服用することで、二日酔い症状を軽減できることは、臨床実験で実証されています。
また、実践者による効果実感の声が、Amazonカスタマーレビューなどに投稿されており、確認することができます。
「飲む前に飲む」の習慣をつけることは、二日酔い対策において大きな一歩ですし、今後のお酒ライフをより楽しいものにしてくれるでしょう。

当サイトおすすめの「飲む前に飲む」アイテム

  1. ノ・ミカタ
  2. ハイチオールC
  3. よいとき

お近くのドラッグストアで入手できるものなので、探してみてください。
とはいうものの、飲み会当日はバタバタしてドラッグストアに行く余裕が作れないことが多いと思いますので、事前(例えば今)に購入を済ませておくのがベストだと思います。

「飲んだ後に飲む」の準備も万全?

ドリンク剤、サプリ、頭痛薬、胃薬、いずれも飲み会がはじまってしまうと買いに行く余裕はないと思ってください。
二日酔い対策に必要なものは事前に入手しておくようにしましょう。
万一、二日酔いになってしまった時に、辛い症状を抱えて買い物に出かけるのはしんどいものです。
苦痛を最小限におさえるためにも、二日酔い当日のことも見越した準備を行っておくようにしましょう。

対策ばっちり!今日は飲むぞー!はダメ

対策が万全でも、そこで気を緩めて深酒を助長したのでは意味がありません。
せっかくの対策も、それを上回るアルコール量を取ると負けてしまいます。
二日酔い対策には、メンタルの持ちようも大事ですので、対策意識を維持できるよう自分に言い聞かせましょう。

当日対策事項の再確認

二日酔い対策意識を高めるには、注意事項を再確認するのがよいです。
飲み会前に次のチェックリストに一度目を通してください。

チェックリスト

注意事項 チェック
二日酔い対策アイテムの準備
飲む前に飲むの実践
飲む前に食べるの実践
飲みながら食べるの実践
水分補給ルールの設定
酒量のペース配分

飲み会が始まるとどうしても忘れがちになるものもありますが、この時点で一度意識するとしないとで、飲み方が結構変わるものです
是非お試しください!

対策
スポンサーリンク
tuckをフォローする
STOP!二日酔い