症状

スポンサーリンク
症状

倦怠感(だるさ)

二日酔いの日の全身の倦怠感(だるさ)もよくある症状のTOP5にランクインしており、一般的な症状の1つです。考えられる原因は様々で吐き気同様に、原因と特定が難しいです。二日酔に関係なく、体の倦怠感(だるさ)や疲れという症状は活性酸素による細胞のダメージが原因になると言われています。 クエン酸は細胞のエネルギー代謝を活性化するため、疲れがたまった状態(細胞のダメージ)の回復を早めてくれます。
症状

胃もたれ

胃の不調の原因は「胃酸過多」「消化不良」のどちらかに分けられるますが、胃もたれの直接原因は「消化不良」の方になります。ただ、「胃酸過多」から誘発される「消化不良」もあるので、症状や対処のすみわけが難しい場合があります。理由を詳しく話していきましょう。
症状

頭痛

二日酔い症状で1番多いのが頭痛。ひとくちに頭痛といっても対処すべき原因は7つもあります。7つもあると犯人探しが大変なのですが、まずは飲んだお酒の種類から容疑者を絞り込む必要があります。「ワインを飲むと二日酔いする...」とか「日本酒は苦手...」とか「焼酎飲むと悪酔いする...」など、人によってお酒の相性があったりしますが、上記の表をみると原因がなんとなく見えてきます。
症状

吐き気

二日酔い症状で頭痛に次いで2番目に多いのが「吐き気」。吐き気が起こるのはなぜでしょう?ひとくちに吐き気といっても対処すべき原因は3つもあります。1.アセトアルデヒド、2.ギ酸、3.胃酸過多。
スポンサーリンク