原因

スポンサーリンク
原因

肝機能低下

アルコール分解で肝臓が疲弊すると、肝臓周囲で血管が収縮し、肝機能低下が起こります。肝機能が低下すると、体に必要な栄養素が十分に共有されなくなり、吐き気、だるさ、肩こり/筋肉痛などの症状が表れます。忘年会シーズンなど、連日お酒を飲む機会が多い時期には特に気をつけてください。
原因

血行不良

二日酔いの症状で頭痛以外に、肩や背中がこってだるさが抜けないような感じになったことはないでしょうか?これらは、飲酒による血行不良が原因と考えられる症状です。血行不良になると、必要な栄養分や酸素の供給不足になるほか、老廃物や疲労物質の排出がうまくできなくなり、倦怠感やだるさといった疲労の原因になります。
原因

低血糖症

アルコール摂取により低血糖症になると、頭痛、だるさ、筋肉痛などの症状が現れます。特に、あまり食べ物を食べないで長時間アルコールだけ飲み続けたり、深酒してしまった場合に低血糖症になってしまう可能性が高まります。糖尿病患者の方で、インスリン療法を受けていらっしゃる方がお酒を飲まれる際には注意が必要です。
原因

アデノシン

ズキンズキンと血管が脈打つような頭痛がある場合、このアデノシンが原因となっている可能性が高いです。アデノシンには血管拡張作用があり、摂取しすぎると血管がひろがりすぎて血管の周りにある三叉(さんさ)神経という神経が刺激を受けることによって、頭痛が起きます。対処方法でおすすめなのは下記2つです。
原因

サイトカイン

お酒を飲むと脳周辺で「炎症性サイトカイン」という物質が生成され、頭痛やだるさの原因になります。「炎症性サイトカイン」という名前の通り炎症を起こさせる物質で、ケガをした時の炎症、風邪をひいたときの発熱などもぜんぶサイトカインが関与しています。
原因

ギ酸(蟻酸)

お酒の中にはエタノール(お酒の主成分)の他にメタノールという成分を含むものがあります。メタノールは、概して強いお酒に多く含まれ、エタノール同様、からだに入ると「酔い」の症状をもたらします。
原因

胃酸過多

お酒を飲むと胃が強く刺激されて胃酸が過剰分泌し、胃粘膜が荒れる原因となります。症状としては、吐き気、胃のむかつき、下痢などのが挙げられます。一方で、忘年会シーズンなど暴飲暴食の繰り返しにより、胃が疲弊することにより胃もたれの症状が出ることもありますが、こちらは胃の機能低下による胃酸減少が原因となることがあります。
原因

酸素不足

アルコールを摂取すると利尿作用により血液中の水分がどんどん失われます。血液内の水分が少ない(血液がドロドロ)の状態だと、血行不良になり脳に送られる酸素が不足状態になります。この脳の低酸素状態が頭痛や吐き気などの症状の原因となることがあります。
原因

脱水症状

お酒を飲むとトイレが近くなりますが、これはアルコールの利尿効果によるものです。 飲んだアルコールの量の1.5倍の水分を取るとよいと言われますが、みなさんちゃんと水分補給できてますか?
原因

アセトアルデヒド

アセトアルデヒドとは、肝臓がアルコール分解の過程で生まれる有毒物質で、二日酔い症状の主原因と言われいます。その毒性はアルコールの10倍も強いと言われているため、非常に厄介な存在です。その強い毒性のため、吐き気、頭痛、全身倦怠感(だるさ)など様々な二日酔い症状を引き起こします。
スポンサーリンク